まちのみどりを楽しもう。

studio-Lでお手伝いしている枚方市でのプロジェクトで、11月10日に「まちのみどりを楽しもう」というイベントを開催しました。「みどりのプラットホーム」という、みどり空間を活用する市民コミュニティを8月にスタート。十数名の市民メンバーと一緒に、活動内容を考えてきました。その実験活動として実施したのが今回のイベント。普段とは違った方法で公園を活用してみました。(枚方が誇るローカルメディア「枚方つーしん」が、告知記事を作ってくださいました。これまでの経緯も含めて丁寧に紹介してくださいました。▶ 記事はこちら

野外での活動に長けた人や、園芸が得意な人、絵本が得意な人、イラストが描ける人、、、などなど、色んな特技をもつメンバーが集まった今回のプロジェクト。そんな皆さんの特技を持ち寄り、緑地を楽しむ空間ができあがりました。

チラシのイラストは、メンバーの芸大生による作品
(王仁公園から少し離れた小グラウンドが会場。)

園芸が得意なメンバーによるリースづくり体験

災害時のデイキャンプを体験するプログラムとして、薪割り体験

子どもたちと一緒に作ったダンボールハウスは、後片付けも一緒に。

みどりのプラットホームとしては初めてのイベントでしたが、たくさんのお客さんが来て楽しんでくれました。普段とは違った形でみどりを体験していただけたはず。今後も市民メンバーと一緒に、地域の人たちがみどりを楽しむ方法を考えていきたいと思います。