結婚しました*Just Married !!

2018年4月7日(土)、昨年9月に入籍していた川口加奈さんと結婚式を挙げました。ここまで僕たちを支えてくださった皆さんのおかげで、この日を迎えることができました。ありがとうございます。

加奈さんはシェアサイクル事業などでホームレスの社会復帰を支援する認定NPO法人Homedoorを19歳で起業した、いわば起業家の先輩。そんな加奈さんとの出会は、僕が大学時代に所属していたアイセックというNPO法人です。世界120カ国、国内24大学に拠点をもち、学生の海外へのインターンシップを学生が運営するというこの団体で、僕は大学4年生の時に西日本地区を統括する仕事をしていました。4月には新入生が入ってきて、僕は西日本の各大学の新入生にアイセックを紹介するために訪問していました。そして大阪市立大学を訪問した時にいたのが、当時1年生の加奈さんです。

海外インターンシップなどを謳っている団体ですから、まあ国際交流などに興味があるのだろうと思っていたら、加奈さんはホームレス問題について語り始めました。4年生をつかまえて自分の思いを語る1年生なんてあまりいないので、すごく印象に残ったわけです。しかしホームレス問題に直接アプローチする活動は当時なかったので、すぐに辞めてしまうかなと思っていました。

その1年後、僕は大学を卒業してIT企業の富士通に就職。その後しばらくして加奈さんはアイセックから離れ、ホームレス問題に本格的に取り組むためにHomedoorを設立しました。そこからの加奈さんの勢いはすごくて、ネットの記事でも見かけ始めました。AERAで取り上げられたのを見た時には、何だか一気に雲の上の存在になってしまったと思ったものです。

就職して3年後、僕は富士通を退職しました。色々と紆余曲折がありましたが、いま取り組んでいるコミュニティデザイナーという仕事を始めました。この仕事が珍しいということで、28歳の時に、世界経済フォーラム・ダボス会議の33歳以下の若手コミュニティ「グローバルシェイパーズ」に選んでいただきました。そこでなんと、20歳で既にシェイパーズに選出されていた加奈さんと再会します。しかしそれでも、当時はあまり会う機会がありませんでした。

20代後半は女性とお付き合いすることなく過ごした僕。30歳になった時に、自分にとっての理想の女性ってどんな人だろうと考えるようになりました。そんな時に加奈さんに会う機会が増えてきて、知れば知るほど驚いたのが、加奈さんが、何となく頭の中にあった理想の女性が実物となって現れた人だったんです。そうして、色々ありましたが付き合い始めて、結婚するに至りました。そんな加奈さんと出会わせてくれた、これまでの全てのことに感謝したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA